イメージ画像

Web利用規約の作成


新しいwebサイトを作成したのでそれについての利用規約の作成をお願いしたいという依頼もよくあります。

このような場合相談されることが多いのは、利用規約と会員規約とを分けなければならないのかという質問です。

無料会員と有料会員が分かれるような場合の時も別に作らなければならないのかなどという質問をうけます。

どうもを分けているサイトが多いためにそのような質問をされている方が多いようですが、分てもいいですし分けなくてもいいと言うのが回答になります。

分けるか分けないかは見やすさの観点から考えればいいと思います。

見やすさというのは規約を作成し完成した後の段階で、例えば有料会員の規定があまりにも長く、また無料会員の規約も相当程度長いのであれば分けたほうが見やすいと言う判断になるかと思います。

ただそのような場合はほとんどなく、あまり無駄な規約を入れなければ通常はすべての事項を1つに入れてしまって利用規約として作成すれば足りる場合が多いです。

これに加えてプライバシーポリシーなども入れるべきかそれとも別に作るべきかなどという相談を受けますが、実際は個人情報保護法の観点からプライバシーポリシーを別に作った方がいいと判断する場合はもちろん別に作りますが、ほとんど多くの場合は1つにまとめてしまっても問題ないと思います。

別に作った方がいいと判断する場合というのは個人情報保護法が適用されるかどうかです。

個人情報保護法の適用要件についてはこちらを参照してください。

個人情報保護に関する法律 – Wikipedia

要は取扱う個人情報が5,000人を超えるのか否かという点です。

お気軽にご相談ください!

TEL:0775354622(9:00~19:00)

当事務所が行っている契約書作成チェック業務の案内はこちらから。

メールは契約書作成相談所メールフォームまたは、umisoragyousei@gmail.comまでメールしてください。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ