イメージ画像

契約書作成のご相談


契約書作成についていろいろとご相談を受けるので少し案内をさせていただきます。

大抵の方がやはりまずはを見積もりをして欲しいということで問い合わされます。

メールの場合で困るのは、業務委託契約をしたいので見積もりをしてほしいなどという短い文章のものです。

業務委託契約といっても様々な範囲に及びますし、簡単なものから法律で規定しなければならない細かな事項があるような難しめの種類もあったりします。

どのような業務をどのようにして委託するのかということを少し具体的に書いてもらえると助かります。

理想としては、契約書に定めたい事を箇条書きで書いていただいて、このような契約書を作る場合に見積もりはいくらかと尋ねていただくと非常に助かります。

お問い合わせフォームもできるだけそのように書いていただくように修正するようにします。

 

あと電話相談で困るのがどのような契約をするかきちんと定まっていない場合のご相談です。

何か決まりきった雛形があると勘違いされて契約書を作成して欲しいと申し込まれるのですが、どのような契約なのですかとお聞きすると漠然とした形でお答えされる方がをいらっしゃいます。

このような場合はどうしても契約書が漠然とした形にしかなりませんのであまり意味がありません。

中には、契約書はすごい漠然としていていいのでとりあえず作って欲しい。具体的なものは見積書等で行ってしまう。そうすれば印紙額がかからないはずだ。などとおっしゃる方がいらっしゃいましたが、そのようなことはありません。

契約書が何も定めていないに等しければ印紙額がかからない可能性が高いですが、見積書で具体的なことが定まってそれが契約と言えるのであれば、見積書のほうに印紙を貼らなければならないようになります。

こちらのページを参考にしてみてください。

せっかく契約書を作るのでしたら契約書にはできるだけ具体的な内容を盛り込むことによってより良い契約関係を作られるといいと思います。

あと、示談書や誓約書の作成についてご相談される方がいます。

示談書は和解契約の契約書といえなくもないので一応あっていますが、誓約書となると一方がサインするのみですので契約書と少しはなれるのかなという気がします。

もちろん誓約する相手がいて、その相手との契約ということでですので間違いでは無いですが、大部分の契約書は複数で署名しあうのでそういう意味では離れるということです。

ちなみにそのような相談を受けると当事務所の宣伝方法がうまくいっていないのだなと反省させられます。

誓約書や示談書については、次のwebサイトがあるからです。

不倫・浮気・婚約破棄の慰謝料請求相談所

内容証明示談書誓約書作成代行

宣伝になっているか疑問ですが一応あげておきます。

さてさて今回のまとめですが、ご相談でもお問い合わせでも抽象的なものよりは具体的なものが非常に役立ちますので、何かありましたら具体的にご連絡いただけると助かります。

お気軽にご相談ください!

TEL:0775354622(9:00~19:00)

当事務所が行っている契約書作成チェック業務の案内はこちらから。

メールは契約書作成相談所メールフォームまたは、umisoragyousei@gmail.comまでメールしてください。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ