内容証明誓約書示談書作成代行

何という契約にあたりますか?というご相談


多い質問ですので書いておきます。まあ何度も書いているとは思いますが。

「〇〇というビジネスモデルを考えているのですが、その時の契約って何契約に当てはまるんですか?」

典型的なご質問パターンはこれです。

先に答えを書いておきますと、正直なところ分からなければ「契約書」と書いておけばいいです。

契約というのは民法上は13の典型契約が挙げられていますが、これにすべてが分類される訳でもなく、分類しなければならない訳でもありません。

また、契約当事者を混乱に陥れるので、あまり望ましいことではありませんが、言葉使いが少々間違えていたとしても、出るところに出れば実質で判断される傾向があるのであまり杓子定規に言葉を使う必要もありません。

要は作文の題名と同じで全体が要約されていればいいということになります。

単純な話なのですが、中途半端にいろいろと調べられた方は本当に迷うようです。

「〇〇のビジネスモデルは〇〇の部分は出資契約の性質があるのですが、〇〇の部分は消費貸借で、いや使用貸借かな?」などと聞かれる方がいました。

「あーじゃあ出資契約及び消費貸借又は使用貸借契約書ですね」と軽口を叩きたいのはやまやまですが、そのような場合は「〇〇(サービス名)利用契約書」とでもするのがスマートですし実際に多い名前です。

コロンブスの卵というほどでもなく簡単な話かと思います。

ちなみに、出資契約というのは典型契約ではないので何か固定したイメージを持っていると間違えるかもしれません。

また、消費貸借と使用貸借は性質が違いすぎるので並列されることはまずありません。

まあ「又は」と書いておけば笑いながらいいように斟酌されるかもしれませんが。

契約書の題名に限らずお気軽にご相談ください!依頼していただければなお…。

TEL:0775354622(9:00~19:00)

当事務所が行っている契約書作成チェック業務の案内はこちらから。

メールは契約書作成相談所メールフォームまたは、umisoragyousei@gmail.comまでメールしてください。

テレビを見ずにyoutubeを見ることが多くなりました。最近は上岡龍太郎とダウンタウンを中心に見てました。落語もいろいろ揃ってますね。

著作権など相当問題がありそうですが…。

このページの先頭へ