内容証明誓約書示談書作成代行

各種契約書案内


徐々に追記していく予定です。

総論

当事務所で作成代行している契約書の例です。ここに挙がっていないものについても対応可能な場合もあります。

各種契約について

少し高価なものになると、やはり契約書を取り交わしておく方がいいかと思われます。

お金の貸し借りは重要ですからやはり書面にしておく方がいいでしょう。

離婚の条件が整ったらまずはきちんと文章にしておくことが必要です。できれば公正証書にしておきましょう。

雇用した場合は、労働基準法上、書面で所定の事項を知らせておく必要があります。

法定事項以外にも必要な事はきちんと契約書に定めておきましょう。

様々な場合に経営を誰かに任せる必要が出てきます。

そのような場合には、きちんと契約書にしておくことをお勧めいたします。

経営を委任するのではなく、一部について譲渡してしまう場合です。

どのような規模であれ、きちんと契約書を作っておきましょう。

何か争いが解決した場合にはきちんと示談書を作って問題解決に区切りを付けておくことが重要です。

共同購入のサイトに関して必要となる契約書のご案内です。グルーポンの問題もありましたから、慎重に作成する必要があります。

特許を利用して製品を作成したい場合などは結んでおく必要があります。

上記以外の契約書についても、お気軽にご相談ください!

TEL:0775354622(9:00~19:00)

メールはこちらのメールフォームからお願いします。(24時間対応)

この記事を各ソーシャルブックマークに簡単に追加できます

 

このページの先頭へ