内容証明誓約書示談書作成代行

BPOの契約に関するご相談


最近仕事の関係で体を壊しまして更新が途絶えてましたが気を取り直して。

そろそろ新型ipadのお披露目っぽいですが。

さて、表題の件です。

BPOといっても放送倫理ではありません。

ビジネスプロセスアウトソーシングというものです。

読んで字のごとく外注することです。

特に最近はwebで全世界繋がっていますから、人件費の安い国への外注となります。

通常は業務委託として日本の企業同士で契約するのが多く、実は契約はそれだけで足ります。

委託を受けた会社が海外に外注してようが、債務を履行してくれれば相手としては基本的には問題がないからです。

もちろんあくまでそれは法律上のお話であって、実社会の経済の話となるとそうではなくなります。

BPOを宣伝文句で使っている会社もあるからです。

そのような場合には契約書にもBPOであることを書き入れます。

BPOであることを書き入れることはプラスマイナス両面の効果がありますので、その点をフォローしておくことが大事です。

思いつくままに書きますと・・・

価格が一般的に安くなりますが、その安さの正当な根拠が示せることになります。

安かろう悪かろうではビジネスになりませんので、その点をフォローします。

委託先を明らかにするであったり、どのような指示・監督をしているかを明らかにします。

問題が発生した場合の処理方法を明らかにします。どうしてもここがせめぎ合いになります。

さすがにすべての責任を負うとするのでは厳しいでしょうし、全く負わないとすることも難しいでしょう。

基本的には一般常識的な定め方をします。

中には有利に規定してほしいという要望からそのように規定しますが、相手がそれを見抜いてしまうとどうしても良好なビジネス関係は築けないのかもしれません。

契約書作成に限らず、様々な書面作成はお気軽にご相談ください!

TEL:0775354622(9:00~19:00)

当事務所が行っている契約書作成チェック業務の案内はこちらから。

メールは契約書作成相談所メールフォームまたは、umisoragyousei@gmail.comまでメールしてください。

このページの先頭へ