イメージ画像

離婚協議書の作成時期について


離婚協議書をいつ作成すればいいのですかという質問を受けました。

離婚前に作成するべきなのか離婚後に作成するべきなのか、離婚届を提出するのはいつなのかという質問でした。

理想としては離婚前、離婚届を提出する前に作成すべきということになります。

なぜなら、離婚届を提出することで離婚が成立してしまいますので、離婚が成立した後に離婚協議書を作ろうとするとどうしてもお金を支払う側の人が協力的にならないことが多いからです。

もちろん離婚届を出してしまった後といっても作成しておくメリットはありますので、相手が非協力的であるとしても作成しておいた方がいいです。

相手がどうしても作成しようとしない場合は家庭裁判所で調停を求めるといいでしょう。

離婚協議書の中に規定しておく内容として、財産分与や慰謝料、養育費等の規定があります。

全てが規定されていないと効力がないと誤解されている方もいるようですが、決まっていない場合は決まっていないとしてまた別の書面で規定するというような定め方もできます。

当事者同士で争いが起きそうな場合は決まっていることだけでもきちんと書面にしておくと良いでしょう。

契約書についての相談は無料です。

TEL:0775354622(9:00~19:00)

当事務所が行っている契約書作成チェック業務の案内はこちらから。

メールは契約書作成相談所メールフォームまたは、umisoragyousei@gmail.comまでメールしてください。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ