イメージ画像

重要事項説明書と契約書の作成


契約の類型には、重要事項を事前に説明しなければならないといったものがあります。

例えば介護系の契約がそうですし、不動産などでも賃貸契約の前には事前に重要事項が説明されます。

法令で重要なことについて事前に相手に知らせておくべきだと言う趣旨で定められているものです。

これについて質問を受けることがあります。

重要事項説明書も書面であり契約書も書面なのだから同じにしていいのではないかというような内容です。

署名して押印する場所が多くなりすぎて面倒だからという実情があるようです。

ただ、重要事項説明書と契約書を全てひとまとまりにしてしまうのは法令の趣旨に外れてしまう可能性が高いと言えるでしょう。

重要事項説明書を求める法令の趣旨としてはやはり事前に相手に知らせておくという意味がありますから、相手が重要事項を知った上で当事者の合意である契約書に進むとするのが妥当といえます。

そういう意味でやはり別々のものにしておくことが妥当だとは思いますが、面倒であるということを克服するためには契約書の記載を工夫されればいいと思います。

例えば契約書の記載の中に重要事項説明書に記載の通りというような内容を記載しても重複を避けることもできるでしょう。

署名についても出来るだけ無駄を省けば、重要事項説明書については説明を受ける者の署名押印欄だけ、契約書には当事者の署名押印欄があればいいので三箇所ということになるかと思います。

契約書についての相談は無料です。

TEL:0775354622(9:00~19:00)

当事務所が行っている契約書作成チェック業務の案内はこちらから。

メールは契約書作成相談所メールフォームまたは、umisoragyousei@gmail.comまでメールしてください。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ