イメージ画像

連帯保証人の設定と契約書の作成


連帯保証人をたてたいというのは契約書の作成を依頼される時によく相談されます。

契約においては両方が債務を負うのが通常ですので、それについて保証人を立てるという事はよくあることです。

問題は保証人の規定をその契約書内に書き込むのか、別契約で作成するのかということになります。

正直なところどちらでもいいというのが回答になります。

ただ、実際には異なる場合があり、例えば契約書作成の時にまだ保証人がいない場合は契約書内に保証人の規定を書いておいても保証人として証明する人がいないので無意味な規定になります。

そのような場合は、保証人を探してきて保証人を設定しなければならないというような規定を設けること位しかできません。

保証人を見つけてきた時に新たに保証契約を結ぶということになるわけです。

それに対してすでに保証人がいるような場合は別契約で契約書を結ぶ必要性は基本的にはありません。

同じ契約書ないで保証人の規定を設けて契約書の最下部に保証人に署名させるといいでしょう。

目付け役を作成する必要性としては、保証人に債務の内容を知らせたくないような場合という特別な場合が挙げられるかと思います。

契約書についての相談は無料です。

TEL:0775354622(9:00~19:00)

当事務所が行っている契約書作成チェック業務の案内はこちらから。

メールは契約書作成相談所メールフォームまたは、umisoragyousei@gmail.comまでメールしてください。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ