イメージ画像

返済方法が決まっていない場合の借用書の作成


返済方法がまだ決まっていない段階で借用書を作成することはできますかという質問がありました。

結論的にはできます。

借用書は消費貸借契約を表す書面ですが、消費貸借契約は返すという約束をした上で金銭を受け渡したという事実があれば成立します。

そのため、返済方法については契約の使用の部分から外れるからです。

では、返すという約束がなく単純に金銭を受け渡したという事実しかないような場合にも書面を作成する意味があるかという問題はあります。

このような場合でも書面を作成しておく意味はあります。

なぜなら、特にお金が手渡しであるような場合は、貸した貸していないの言い争いになってしまうからです。

一旦お金を渡したということを書面に書いておき、その後に返す約束を表した書面を作成することで、両方で消費貸借契約の書面とすることもできます。

どのような場合でも単純に言葉だけではなく書面にしておくことはお勧めです。

契約書についての相談は無料です。

TEL:0775354622(9:00~19:00)

当事務所が行っている契約書作成チェック業務の案内はこちらから。

メールは契約書作成相談所メールフォームまたは、umisoragyousei@gmail.comまでメールしてください。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ