イメージ画像

農地売買契約書は通常の土地売買契約書で構わないのか


農地の売買契約をするときに通常の土地売買契約書の雛形を使っていいのかという質問を受けました。

農地といえども売買ですので、雛形を使う分には問題ありません。

ただ、雛形のままで問題ないかというと問題はあります。

農地というのは売買をするときに基本的には許可が必要だからです。

農地の売買の許可を誰が取るのかですとか、許可を取ることができなかった場合にどうするのかですとか、許可の取得時期と所有権の移転時期などについての規定を新たに設定する必要が出てきます。

雛形はあくまで雛形ですのでその契約に応じた形に修正されることが必要です。

雛形を利用することは効果的なのですが、あまりそのままを鵜呑みにしないようにご注意ください。

契約書についての相談は無料です。

TEL:0775354622(9:00~19:00)

当事務所が行っている契約書作成チェック業務の案内はこちらから。

メールは契約書作成相談所メールフォームまたは、umisoragyousei@gmail.comまでメールしてください。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ