イメージ画像

覚書を作成する


覚書を作成する場合も契約書を作成する場合と同様です。

題名が覚書となるだけで契約書と変わりはありません。

お互いの同意した内容を記載していき、最後に両者の署名をします。

覚書と契約書の違いを無理矢理考えてみるのであれば、言葉の響きから覚書の方が軽いイメージを受けますので、

覚書だと全体的な量が少なく、当事者の関係を網羅する内容ではなく1部分についての見定めるというイメージがあります。

もちろん覚書がそうでならなければならないということはなく、契約書と全く同じ内容で題名だけを覚書とすることも当然できます。

覚書なのか契約書なのかはあまりこだわらずに作成していいと思います。

契約書についての相談は無料です。

TEL:0775354622(9:00~19:00)

当事務所が行っている契約書作成チェック業務の案内はこちらから。

メールは契約書作成相談所メールフォームまたは、umisoragyousei@gmail.comまでメールしてください。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ