イメージ画像

覚書の作成について


当事務所では覚書の作成も代行しておりますが、覚書の作成についていろいろと質問されることがあります。

覚書と契約書の違いについて聞かれることが多いのですが、単に題名の違いで内容はほとんど変わらないと認識しておいていいと思います。

覚書と書かれようが契約書と書かれようか、当事者の署名が入れば合致した意思表示の内容を表す書面だとして扱われるからです。

そういう意味では覚書だからといって気を抜かずきちんとした内容を作成するということは非常に重要なことです。

当事務所で依頼を受けた覚書の作成は基本的には契約書と同じような書類を作成していきます。

流れとしては契約書の作成と同じ流れになります。

内容をうかがった上でそれを盛り込んだ原案を作成し、いちど見ていただいた上で修正作業を経て完成を目指します。

そういう意味では契約書と同じなのですが、覚書としておくメリットとしては、相手に柔らかい印象を与えることができるということかもしれません。

内容はきちんとしつつも覚書なのでということでアプローチされる方も多いようです。

契約書・覚書についての相談は無料です。

TEL:0775354622(9:00~19:00)

当事務所が行っている契約書作成チェック業務の案内はこちらから。

メールは契約書作成相談所メールフォームまたは、umisoragyousei@gmail.comまでメールしてください。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ