イメージ画像

英文契約書を翻訳して契約書を作成する場合


様々な契約書をチェックする場合がありますが、最近英文契約書翻訳したと思われる契約書をチェックする機会がありました。

このような機会は何度かありましたので、雑感という形で英文契約書を翻訳して契約書を作成される場合に注意するべき事項を書いておきます。

そもそも問題にならないなと感じるのは誤訳です。

日本語として意味が通じていないものが時々見られます。

翻訳するときに最低限日本語として意味が通じるものにしておくというのも大前提だと思います。

その上で、英語と日本語の違いに気をつけて契約書を作成されるといいと思います。

例えば英語であれば単数と複数の違いがきちんとしていますので、どうしてもそのまま翻訳してしまうと1部または複数などという文章が出てきます。

しかし、多くの場合日本の契約書では単数と複数を重要視するような場合は多くありません。

また、ありとあらゆる危険を具体的に例示しているような場合もありますが、日本の契約書の場合は多くの場合、不可抗力による場合などという表現で包括的に記載してしまう場合が多いです。

細かく具体例を記載している契約書をよく見ますが、具体的にイメージする意味がないのであれば包括的に記載したほうがいいです。

印象的には、アメリカの契約書はとにかく細かく書いていき、法律にあるようなこともそれ以上に細かく書いてしまうという性質があります。

しかし、日本の多くの契約書はある程度抽象的に記載していきます。それでも問題が生じにくいのは民法や商法などで規定されていない部分は公平に処理されるからかもしれません。

アメリカのように細くするか日本のようにある程度包括的に決めてしまうかは一長一短があります。

ただ、単純に英文契約書を翻訳したような契約をされる場合は、多くの場合必要性が認められませんので契約当事者双方が文章の内容をきちんと理解していないという本末転倒な結果になっている場合があります。

そのような場合であれば、細かく具体的なのはあまり意味がありませんのでやはり読みやすくきちんとした合意が取れる日本的な包括的なものがいいのかもしれません。

結局はその当事者がどの程度の細かさを必要とするかという点に集約されてしまいますが、できるだけ無駄のないものを作成されるといいと思います。

契約書についての相談は無料です。

TEL:0775354622(9:00~19:00)

当事務所が行っている契約書作成チェック業務の案内はこちらから。

メールは契約書作成相談所メールフォームまたは、umisoragyousei@gmail.comまでメールしてください。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ