イメージ画像

紹介に関する契約書を作成する


紹介したことに関して報酬が発生するような場合に契約書を作成することがあります。

このような紹介に関する契約書作成するときに重要な事は主に2つ挙げられます。

まず1つ目はやはりお金のことです。

報酬がどのような場合にどの程度発生するのか、いつまで発生するのかということをきちんと定めておく必要があります。

どちらかが計算するのかということや、どの段階で報酬が発生すると考えるのかなど様々な問題があります。

紹介した契約が解除になった場合はどうするのかなどということも定めておく必要があります。

また、紹介した人が背信的な行為を行ったような場合にどのように対応していくかなどということも定めておいて良いかと思います。

次に、紹介した人がどの程度の責任を有するのかということをきちんと定めておく必要があります。

別の言葉で言えば紹介した人は紹介された人とどういう契約関係に立つかということです。

一番簡単なのは紹介した人は単に紹介しただけで、何ら契約関係には入らないという定め方です。

少し難しい場合は、代理人としての地位を有する場合です。

代理人としての地位を有する場合は、当然に代理人としての義務も負うことになりますので、そのことについて細かく規定しておくことが必要となります。

その他については一般的な契約に定める事項を定めておけばいいので、微修正しておかれるといいと思います。

契約書についての相談は無料です。

TEL:0775354622(9:00~19:00)

当事務所が行っている契約書作成チェック業務の案内はこちらから。

メールは契約書作成相談所メールフォームまたは、umisoragyousei@gmail.comまでメールしてください。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ