内容証明誓約書示談書作成代行

申込書と規約を同一にする契約書作成のご相談


契約書は基本的には双方の合意ですので、名前はどのようなものでもかまいません。

規約と書いてあっても契約の性質を持たせることができます。

ただ、やはり相手を拘束するには、相手がその規約に同意していることが必要です。

具体的には規約を読んで合意したということを明らかにさせなければなりません。

「規約に同意します」などのチェック項目を設けることが通常でしょう。

そのことはさておき、契約と同程度の重要性を持たせる規約であればやはり細心の注意を払って作成すべきです。

申込書の備考欄などに少し記載している程度のものでは十分ではないといえるでしょう。

もちろん何も書かないよりはいいのですが。

最低でも何に対して金銭が動くのか、問題が生じた場合の解決方法などは明記すべきです。

問題なく取引が出来ている場合は契約書の重要性はあまり正面にはでてきません。

契約書の重要性はもめた時に真価を発揮します。

そういう意味では契約の終了時の規定には細心の注意を払うことをお勧めします。

あとは金銭が関心事でしょうから、その点に注意して下さい。

あまり難しく考えずにきちんと書けば事足ります。

不安でしたらお気軽にご相談ください!

TEL:0775354622(9:00~19:00)

当事務所が行っている契約書作成チェック業務の案内はこちらから。

メールは契約書作成相談所メールフォームまたは、umisoragyousei@gmail.comまでメールしてください。

このページの先頭へ