内容証明誓約書示談書作成代行

特許権に関する契約書の作成について


US Patent 2,292,387 - Lamarr & Antheil
US Patent 2,292,387 – Lamarr & Antheil / pashasha

特許権を利用する場合に結んでおく契約が特許権実施契約です。

利用する権利としては二種類あり、

専用実施権と通常実施権に分かれます。

権利については、登録とのからみがありますが、そのことはさておき、

最低限というわけではありませんが、定めておくべき事項としては、

  • 実施権の特定、範囲
  • 実施料の額、支払い方法、支払い時期
  • 販売状況の報告
  • 実施契約および実施権の移転の可否
  • 秘密保持

などが挙げられます。

それ以外、事情によりさまざまな条文を加除するといいでしょう。

お気軽にご相談ください!

TEL:0775354622(9:00~19:00)

メールはこちらのメールフォームからお願いします。(24時間対応)

この記事を各ソーシャルブックマークに簡単に追加できます

このページの先頭へ