イメージ画像

業務委託契約書に成果保証規定を作成する


業務委託契約書は企業間の契約書としては一般的で様々な内容があります。

例えばコンサルティングなども業務委託契約の1種と言えます。

そこではどの程度の業務の提供を予定するのかということで成果についての規定が問題になります。

委託は請負とは違い完成を予定していないためです。

多くの場合はやはり業務を提供するということに重点があるので成果を保証するものではないという規定が置かれます。

成果を保証するにしても一定程度というのが通常でしょう。

委託する側はより多くを期待するのが通常でしょうし、委託される側はあまり責任を負いたくないのが通常だと思いますので、そのあたりをきちんと話し合った上で規定を置かれるといいと思います。

契約書の作成についてのご相談は無料です。

TEL:0775354622(9:00~19:00)

当事務所が行っている契約書作成チェック業務の案内はこちらから。

メールは契約書作成相談所メールフォームまたは、umisoragyousei@gmail.comまでメールしてください。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ