イメージ画像

業務委託契約書と業務提携契約書の作成について


「業提携契約書の作成をお願いしたいのですが」

「業務委託契約書ですね」

「いや業務提携…」

「あ、すいません業務提携契約書ですね」

などというような会話のやりとりをすることがあります。

 

当事務所としては委託も提携も同じと考えていて、全く別と判断している人と食い違っている状況です。

では委託と提携は違うのでしょうか。

大辞泉を引いてみますと、

委託

〘法〙 法律行為または事実行為(事務)などを他人または他の機関に依頼すること。

とあります。

一方

提携

 互いに助け合って協同で事業などをすること。「外国の会社と―する」「技術―」

とあります。

ちなみに

業務は

日常継続して行われる職業上の仕事。「日々の―に励む」

です。

さて、これに法律的な知識を少しだけ加えるとすると、民法には委任という規定があります。

643条からに規定されています。

ちなみに委任は大辞泉では

委任

〘法〙 当事者の一方が自分の権利や権限に属する事項の決定や執行を他者にゆだねること,また受任者がこれを受諾することによって成立する契約。

とされています。

これらを総合して考えてみましょう。

結論的には委任と委託は殆ど同じ意味で、委任という言葉が民法上ある、単純にいうのであれば相手に任せるという意味と考えられます。

それに対して提携も任せるという意味はあり、それに加えられているのは「互いに」という意味になります。

そうであるとすれば互いに委任しあうことが提携と言えます。

そうなると結論として委託も提携も同じ効果が出ると考えることが出来ます。

ちなみに以上の説明は一つの考え方です。

契約書は題名で判断されるわけではなく個々の条文の内容を具体的に考慮して決定されますので、業務提携契約書と題名が書いてあるから委託だと即断するのではなく内容をきちんと検討するようにして下さい。

契約書についての相談は無料です。

TEL:0775354622(9:00~19:00)

当事務所が行っている契約書作成チェック業務の案内はこちらから。

メールは契約書作成相談所メールフォームまたは、umisoragyousei@gmail.comまでメールしてください。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ