イメージ画像

新株予約権割当契約書の作成について


新株予約権とは、株式会社に対して行使することにより、株式会社の株式の交付を受けることができる権利ですが、あくまで予約権で株式が交付される訳ではありません。

これにより一定額で新株を引き受けることができる権利を有することになりますので、その時に株価がその値段より高ければ確実に利益が発生します。

その点で役員や従業員に予約権を渡しておき仕事に邁進するよう動機付けするという効果が考えられます。

ストック・オプションとしてのインセンティブです。

さて、新株予約権の発行は原則として募集株式発行と同様の手続きをとります。

会社内での手続き(株主総会)が終われば、その後新株予約権の申込みをうけ、割当をし、割当を受けた人との間で割当契約書を作成します。

どれも会社内の手続書類の作成は行政書士の職務内ですので当事務所でも作成可能です。

契約書についての相談は無料です。

TEL:0775354622(9:00~19:00)

当事務所が行っている契約書作成チェック業務の案内はこちらから。

メールは契約書作成相談所メールフォームまたは、umisoragyousei@gmail.comまでメールしてください。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ