イメージ画像

委託契約書の作成について


委託契約書には様々な種類があります。

経営委託契約書

制作委託契約書

事務委託契約書

管理委託契約書

運営委託契約書

不動産管理委託契約書

営業委託契約書などです。

当事務所にも委託契約書を作成してほしいという依頼があり、これらの範囲に入らないものも多くあります。

委託というのは要するに任せるという意味で民法上の委任契約にあたります。

このような契約書の作成で注意しなければならないのは、何を任せるのかということをきちんと限定しておくということです。

限定せずに抽象的な定め方で仕事を任せてしまうと任された方としてはきちんとした仕事をしたつもりでも、相手は不満に思いそれについて法律的に仕事をすることを請求されてしまうと拒めなくなってしまいます。

後々の争いを防ぐ意味でもどうの仕事をどのように頼むのかということをきちんと定めておく必要があります。

委託内容がきちんと定まらないと、報酬に関してももめる可能性が高くなります。

できるだけ紛争とならないような具体的な契約書を作成するように心がけてください。

契約書についての相談は無料です。

TEL:0775354622(9:00~19:00)

当事務所が行っている契約書作成チェック業務の案内はこちらから。

メールは契約書作成相談所メールフォームまたは、umisoragyousei@gmail.comまでメールしてください。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ