イメージ画像

契約書作成時に「等」という言葉を使う


契約書チェックの業務を行っていますと、等という言葉が多用されている例があります。

等という言葉は文字通り例示されているもの以外にも対象となるものが存在することを示します。

契約書を作成しようとする人の大部分はこの言葉を使って全てを網羅的に規定しようとされる方が多いのですが、その相手方になる人にとってはこの言葉の解釈が非常に負担になります。

契約書やはり双方が納得したものを作成するのが理想で、不意打ちになるような網羅的な規定は当事者の信頼を失わせかねませんので、不意打ちになりかねない等という言葉の多用は控えられるべきだと思います。

相談 無料

TEL:0775354622(9:00~19:00)

当事務所が行っている契約書作成チェック業務の案内はこちらから。

メールは契約書作成相談所メールフォームまたは、umisoragyousei@gmail.comまでメールしてください。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ