イメージ画像

契約書を表で作成する


契約書を表で作成していいのですかという質問があります。

契約は当事者の合意のみによって成立しますので、必ず第○条というように条文形式で決めなければならないわけではありません。

表ではなく単に記述の羅列でも構わないわけです。

表で作成される例として雇用契約書があります。

労働者が受け取ったときにわかりやすさを追求した形といえます。

業務委託契約においても、賃貸借契約においても、わかりやすさを追求していくとどうしても表を利用することになることが多いです。

ただ、もちろん表だけではよりわかりにくくなってしまう場合もありますので、適宜文章を利用してわかりやすく誤解の少ないような契約書の作成を試みられるといいと思います。

契約書についての相談は無料です。

TEL:0775354622(9:00~19:00)

当事務所が行っている契約書作成チェック業務の案内はこちらから。

メールは契約書作成相談所メールフォームまたは、umisoragyousei@gmail.comまでメールしてください。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ