内容証明誓約書示談書作成代行

契約書を作成する際に何契約に当てはまるのか分からないというご相談


契約書を作成する際に題名をつけますが、その際に何契約に当てはまるのかというのが分からないというご相談が時々あります。

基本的にはあまり何も考えなくてかまいません。

題名によって契約の効力はあまり左右されないからです。

そもそも民法上決まっている契約の種類は典型契約といわれ数に限りがあります。

当然、すべての契約を網羅している訳ではありません。

そのため、典型契約に当てはまらない非典型契約というものが当然発生します。

そのような非典型契約については出来るだけ契約内容を表すような題名を付けておくといいでしょう。

条項を具体的にきちんと表しておくことの方が重要です。

ご自身で作成されたもののチェックも行っていますので是非ご利用ください。

お気軽にご相談ください!

TEL:0775354622(9:00~19:00)

当事務所が行っている契約書作成チェック業務の案内はこちらから。

メールは契約書作成相談所メールフォームまたは、umisoragyousei@gmail.comまでメールしてください。

このページの先頭へ