イメージ画像

契約書の作成を専門家に依頼する


契約書は専門家が作成しなければならないという決まりはありません。

ただし、他人の契約書を作成して報酬をもらえるのは弁護士又は行政書士に限られます。

自分で作成するのが面倒であれば専門家に依頼するのも1つの手かと思います。

依頼した場合は基本的に内容を専門家に伝えた後は専門家にある程度頼ってしまう方が良いでしょう。

専門家が作成したものについて指示だけを加えるようにしたほうがいいです。

専門家が作成したものを見た上で、さらに自分で作ってみるという事は時間や費用の無駄遣いと思われます。

もともと自分である程度作れるのであれば作成したものを見せてチェックしてもらうと良いでしょう。

1から作成することを頼んでおいて、さらに自分の作成したものも出すとなると専門家としてはどのように扱っていいのかわからなくなってしまいます。

全てをまかすのであれば全てをまかす、 1部だけの助言が欲しいのであれば最初からそのように明示するということが重要です。

そのほうが専門家としても作成しやすいですし、時間や費用を効果的に利用することができるからです。

契約書についての相談は無料です。

TEL:0775354622(9:00~19:00)

当事務所が行っている契約書作成チェック業務の案内はこちらから。

メールは契約書作成相談所メールフォームまたは、umisoragyousei@gmail.comまでメールしてください。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ