イメージ画像

契約書に公租公課の定めを作成する


契約書に公租公課の定めを作成する場合として多いのは、やはり土地などの不動産の売買契約書です。

通常は契約日または特定日の前日までの分を売主が、それ以降の分を買主が負担するというように定めます。

公租公課というように定めてしまい、具体的にどのような税金を対象とするのかなどは書かない場合が多いです。

また、税金の流れとしては消費税等の割合が変わるような場合に、支払日の消費税率に従うなどと言う記載を加える場合があります。

どちらにしろ、ある程度具体的に決めることができれば良いと言う内容のものですので、当事者に誤解の無いような記載をしておけばいいと思います。

相談 無料

TEL:0775354622(9:00~19:00)

当事務所が行っている契約書作成チェック業務の案内はこちらから。

メールは契約書作成相談所メールフォームまたは、umisoragyousei@gmail.comまでメールしてください。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ