イメージ画像

契約書に使用する印鑑は実印でなければならないか


この種類の質問は本当に多いのですが、契約書に使用する印鑑は実印である必要は基本的にはありません。

多くの場合、法律上で求められるのは署名または記名押印です。

署名というのは手書きで自分の名前または名称を書くことです。

それに対して記名というのは名前または名称を印字することです。

署名の場合には押印は文字上では求められませんが、慣例上押印することが多いです。

どちらにしろ、押印の場合に実印であることが求められることはほとんどありません。

実印であることが求められるような場合には特別にその旨規定されています。

たとえばその例として、公正証書の作成の場面があります。

法律上求められない場合においても、実印で押印することを両者が納得すれば実印で契約を取り交わすことになります。

実印の方が重みを増すような印象を与えるようですので、重要な契約の場合には実印である事を求める契約が増えていますが、実印は役所で印鑑証明をもらえばいいだけですので契約の効力が重くなるという事は一概には言えないので、その点はご注意ください。

契約書についての相談は無料です。

TEL:0775354622(9:00~19:00)

当事務所が行っている契約書作成チェック業務の案内はこちらから。

メールは契約書作成相談所メールフォームまたは、umisoragyousei@gmail.comまでメールしてください。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ