イメージ画像

夫婦間で契約書を作成する


夫婦間の契約書についての質問を受けました。

夫婦間で契約書を作成した場合に拘束力があるかという質問です。

契約書ですから合意した内容が記載されているという意味で、その記載内容には拘束されます。

しかし、夫婦間の問題は家庭内の問題なので法律が介入しないという原則があります。

具体的には、民法において夫婦間の契約は自由に取り消すことができるとされています。

民法の754条です。

これは夫婦間の契約には法律が介入しないという趣旨から来た物ですので、夫婦と呼べない状態にあれば取り消しはできないというように考えられています。

つまり夫婦関係が破綻している例えば離婚した場合のようなことを記載している契約書は自由に取り消せないというように判断されます。

現代社会において754条のような規定は妥当でないとして反論も多いのですが、現状として条文がある以上は夫婦間で契約を取り交わしたとしてもなかなか認められにくいとは思います。

ただ、裁判所に持ち込むようなことができないとは言え、やはり約束ということを書面にしておくことは重要ですので、あまり強い力はないとわかりつつも作成しておくことは大事なことかと思います。

契約書についての相談は無料です。

TEL:0775354622(9:00~19:00)

当事務所が行っている契約書作成チェック業務の案内はこちらから。

メールは契約書作成相談所メールフォームまたは、umisoragyousei@gmail.comまでメールしてください。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ