イメージ画像

労働契約を業務委託契約書として作成できるか


契約書の作成の業務をしていると時々このような質問をけます。

実際は雇用のような形なのだが、労働法などの適用を受けたくないので業務委託として契約を結びたいという内容です。

名目だけの店長などとの契約と種類が似ていますが、世の中を騒がせた問題ではありますが、時々そうと知らずに質問される方が多いです。

結論的には、作成だけはできますが意味がないということになります。

労働契約なのか業務委託契約なのかは、契約書の題名によって決まるようなものではなく、実態によって判断されてしまうからです。

いくら業務委託契約を結んだとしても、実際に労働契約のような雇用形態を出していればそれは労働契約であるとみなされ、労働法などの適用を受けることになります。

雇用契約と業務委託契約の1番の違いは使用従属関係があるかないかということです。

どちらにしろ問題となれば実態で判断されてしまいますので、あまり契約書や書面で小細工をせずに適切な書面を作成されることをお勧めします。

相談 無料

TEL:0775354622(9:00~19:00)

当事務所が行っている契約書作成チェック業務の案内はこちらから。

メールは契約書作成相談所メールフォームまたは、umisoragyousei@gmail.comまでメールしてください。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ