イメージ画像

内縁契約書・準婚姻契約書の作成について


内縁契約書の作成について相談を受けました。

男女間の契約書については、主に不倫や婚約破棄といった問題と結びつく場合が多いのでそちらのホームページに記事として掲載しました。

内縁契約書の作成について

内縁の状態は原則として婚姻関係にあるものと同旨される場合が多いです。

そういった内容の確認と、内縁が破綻した場合つまり離婚と同じような内容を定めていくことになります。

内縁と婚姻で違う1番の例として相続が挙げられますが、それについてはできるだけ同じような効力を発生させるために贈与という形をとる場合があります。

ただ、契約書を遺言と同じ効果を発生させるものとすることはできませんので、その点については注意していただきたいと思います。

別サイトの記事

別サイトですが準婚姻契約書についてまとめました。

参考にしてみてください。

準婚姻契約書(婚前契約書)作成の基礎知識

契約書についての相談は無料です。

TEL:0775354622(9:00~19:00)

当事務所が行っている契約書作成チェック業務の案内はこちらから。

メールは契約書作成相談所メールフォームまたは、umisoragyousei@gmail.comまでメールしてください。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ