内容証明誓約書示談書作成代行

借金の契約書の作成について


Day 4 - Paying off debt
Day 4 – Paying off debt / quaziefoto

借金、法律上は消費貸借契約書の作成です。

原則として口約束でも契約は成立しますが、後々のトラブル防止のためにも契約書は作成しておく方がいいでしょう。

借金をする場合(お金を貸す場合)に重要なことは二つです。

お金を実際に授受したこと(日にちや金額など)

返す合意があること(弁済時期などの記載)

この二つはきちんと契約書に書くようにしましょう。

あとは、

必要に応じて、支払い場所・利子などを記載しておくといいでしょう。

注意すべきは利息制限法により利息の上限が決められていますので、それに反しないような契約が必要です。

元本10万未満で年2割

100万未満で18%

100万以上で15%

です。

消費貸借に限らず、契約書の作成に関してはお気軽にご相談ください!

TEL:0775354622(9:00~19:00)

メールはこちらのメールフォームからお願いします。(24時間対応)

この記事を各ソーシャルブックマークに簡単に追加できます

このページの先頭へ