イメージ画像

作成した契約書に手書きで追記する


作成した契約書に手書きで記載していいですかという質問を受けました。

手書きで記載する内容にもよると思いますが、基本的には問題ありません。

例えばもともと手書きで記載することを予定しているような場合があります。

典型的には署名欄ですし、それ以外については例えば特約などの項目を空白にしておいて後で記入するというような構成にしてある場合があります。

このような場合には手書きで記入して特別捨て印などを押さずに契約書は成立すると考えるのが通常です。

もちろん偽造されてしまっては困りますので鉛筆などではなくペンで記入されたほうがいいと思います。

それに対してもともと記載してある条項を修正する場合があります。

このような場合は手書きで記載したうえで近くに印を押す場合が多いです。

捨印と呼ばれるものです。

契約書に手書きで記載する場合は参考にしてみてください。

現在は簡単にパソコンなどで文書の変更ができると思いますので、可能であれば手書きは避けられる方が良いかと思います。

契約書についての相談は無料です。

TEL:0775354622(9:00~19:00)

当事務所が行っている契約書作成チェック業務の案内はこちらから。

メールは契約書作成相談所メールフォームまたは、umisoragyousei@gmail.comまでメールしてください。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ