イメージ画像

作成した売買契約書をチェックする


売買契約書のチェック項目をあげていきます。

これで完璧というわけではありませんが、ある程度目安になるかと思います。

  • 売買の目的物の特定
  • 代金の特定
  • 支払い方法の特定
  • 引き渡し場所引き渡し方法の特定
  • 所有権の移転時期の特定
  • 検査方法の特定
  • 瑕疵担保責任の検討
  • 支払い保証の検討
  • 解除規定の検討
  • 損害賠償についての検討
  • 裁判管轄の検討

どれも重要ですが、やはり最重要なのは目的物を特定することと代金を特定することです。

その次となると、主観が入りますが問題が大きくなりそうなのは瑕疵担保ですのでその規定についての検討だと思います。

契約の内容によっても違いはあると思いますが。

相談 無料

TEL:0775354622(9:00~19:00)

当事務所が行っている契約書作成チェック業務の案内はこちらから。

メールは契約書作成相談所メールフォームまたは、umisoragyousei@gmail.comまでメールしてください。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ