イメージ画像

作成したい契約書の雛形を使用するときに注意すること


契約書を作成する場合に効率を考えれば雛形を使用するのは当然のことだと思います。

当事務所でもさまざまな雛形に目を通し取捨選択しながらよりよいものを作成しようとしています。

そういう意味でもいろいろと目を通しているのですが、中にはきちんとしているなと唸るものから、こんなのを雛形として提示してたら誤解する人が多いのでは?と疑いたくなるものもあります。

とにかく言えるのは鵜呑みにせずにきちんと検討することです。

契約書は法律的ととっつきにくい感情を持たれている方もいるようですが、当事者同士の約束事の書面ですので両当事者がきちんと理解できることが一番です。

分かりにくいような表現はきちんと分かるような内容に変えてしまうことをお勧めします。

雛形を盲信するのではなく、堅苦しい言葉遣いをしなければならないと変に力を入れる必要はありません。

きちんと読んで理解した上で修正していき、よりよい契約書の作成をされるといいと思います。

契約書についての相談は無料です。

TEL:0775354622(9:00~19:00)

当事務所が行っている契約書作成チェック業務の案内はこちらから。

メールは契約書作成相談所メールフォームまたは、umisoragyousei@gmail.comまでメールしてください。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ