イメージ画像

マニュアルを開示する契約書を作成する


マニュアルを開示するように求められた。

開示すること自体は問題ないが、それが拡散されてしまうと困る。

そのような場合に相手と秘密保持の契約を結ぶことが考えられます。

マニュアルも企業秘密ですから、開示する場合は相手と秘密保持の契約を結ぶことで、相手にプレッシャーを加える事は重要なことでしょう。

契約内容として定めることは、大原則として第三者に開示しないということです。

開示する場合は必ず書面による承諾を必要とすると定めておくと良いでしょう。

それに加えて、マニュアル等の秘密文章を扱える人を特定しておくと良いでしょう。

特定が難しければ、従業員などに扱わせる場合も同様の義務を負わせると言うように定めておくといいです。

そのうえで重要なものとして損害賠償の規定があります。

開示した場合は損害を賠償すると規定するのは一番柔らかな方法です。

賠償額をあらかじめ規定しておくことは非常にプレッシャーになります。

賠償額は契約相手との関係で厳しくすることもあれば柔らかくすることもあるでしょうが、抽象的に賠償すると規定するよりは額が決まっているということは非常に有意義です。

契約書についての相談は無料です。

TEL:0775354622(9:00~19:00)

当事務所が行っている契約書作成チェック業務の案内はこちらから。

メールは契約書作成相談所メールフォームまたは、umisoragyousei@gmail.comまでメールしてください。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ