内容証明誓約書示談書作成代行

フランチャイズ契約書?業務提携契約書?


「フランチャイズ契約書を作って欲しい!」との相談を受けたことがあります。

フランチャイズというとコンビニなどが代表的ですが、外食産業などいろいろあります。

一般的には

一方が自己の商号・商標などを使用する権利、自己の開発した商品(サービスを含む)を提供する権利、営業上のノウハウなど(これらを総称してフランチャイズパッケージと呼ぶ)を提供し、これにより自己と同一のイメージ(ブランド)で営業を行わせ、他方が、これに対して対価(ロイヤルティー)を支払う約束によって成り立つ事業契約

とされています。

ただ、どうしてもイメージで語られることが多いので、依頼する際に誤解されている場合があります。

よく聞いてみるとアドバイスするだけで、統一的なブランドをたてようとはしていないような場合です。

このような場合はフランチャイズ契約とはいえず、単なる業務提携契約として書面を作成する方がいいかと思います。

基本的に契約書の題名が契約の効果に影響することはすくないのですが、やはり契約当事者の誤解をうむことはよくないので適切な内容の題名で作成するにこしたことはありません。

依頼していただいた後は「○○という形態で事業運営を考えている」などと説明を受けつつ作成するので問題はないのですが、ご自身で「○○契約だ」と決めてしまうのは危険ですので、疑問などありましたらお気軽にご相談ください!

TEL:0775354622(9:00~19:00)

メールはこちらのメールフォームからお願いします。(24時間対応)

この記事を各ソーシャルブックマークに簡単に追加できます。

このページの先頭へ