イメージ画像

やわらかい表現で契約書を作成したい


契約書を作成すると厳しい口調すぎるというようなご指摘を受ける場合があります。

実際のところほとんどの契約書はですます調では書かずだである調で書きます。

そのためどうしても厳し過ぎるというような感覚を受けてしまうのかもしれません。

しかし重要なことは厳しさや柔らかさではなく内容です。

もちろん相手に与える印象も重要でしょうが、一番大事なのは内容ですので、それをきちんと整えた上で、印象を考えられるといいと思います。

また印象は契約書の言葉だけで決まるものではなく、契約を取り交わすときの身振り手振りでも変わってきます。

契約書の言葉だけを変更して、契約締結時に悪印象を与えるようなことのないように気をつけていただければと思います。

契約書についての相談は無料です。

TEL:0775354622(9:00~19:00)

当事務所が行っている契約書作成チェック業務の案内はこちらから。

メールは契約書作成相談所メールフォームまたは、umisoragyousei@gmail.comまでメールしてください。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ